夜行バスでお得な旅をしてみよう!【宿泊代を浮かせる】

MENU

車内

長距離便が主役です

夜行バスのほとんどは長時間乗車が一般的ですので、疲労感を軽減させるための工夫が必要です。代表的な軽減方法としては、下半身のむくみ防止のソックスを履いたり車内サービスのスリッパに履き替える等があります。

詳しく見る

バスを利用する目的

バス

運賃の安さがポイント

国内の遠方地へ旅行に行く場合、マイカーを利用する以外では公共交通機関を利用して目的地に行く人が大半だと思います。新幹線や飛行機などが一般的ですが、夜行バスという手段もあります。夜行バスは目的地までの所用時間から考えれば、新幹線や飛行機と比べるとかなり長くなります。それでもあえて夜行バスを利用する人がいるのは、そこに新幹線や飛行機では得られない夜行バスならではのメリットがあるからに他なりません。夜行バスの一番のメリットは他の交通手段に比べた場合の、運賃の安さにあります。目的地や路線、バスの座席数などで異なってきますが、最も安い路線だと東京と大阪を移動しても片道3000円程度です。新幹線で東京大阪間を移動すると片道で約14000円かかりますし、飛行機だと通常路線で1万円から、格安路線で5000円くらいです。ここから見ても夜行バスの運賃の低さは際立ちます。運賃が安ければそれだけ目的地で観光やレジャー、ショッピングに使えるお金が増えるという事です。さらに、夜行バスは移動時間が就寝時間に当たるため、その間の宿泊代を浮かせる事にもなります。細かい事はいいからとにかく安く旅行したい、という人には最適な交通手段と言えるでしょう。また夜行バスは観光に適さない夜間に移動するので、現地での観光時間を長く取れる利点があります。例えば土日に合わせて観光をする場合、通常は土曜日の朝に出発して目的地に向かいます。それが夜行バスであれば、金曜日の仕事終わりにバスに乗れば、次の日の朝には目的地に到着しています。距離によって到着時間は前後しますが、東京大阪間で言えば夜9時台発のバスに乗れば、新幹線の始発に乗るより早く目的地に着きます。

男の子

眠っている間に到着

夜行バスは夕方から夜に出発し、朝到着するバスです。全国で走っており、人気の路線は東京、大阪など大都市を結ぶものです。夜行バスの最大の魅力は運賃の安さです。最近では付加価値のついた3列独立シート、女性専用車両などが増えています。

詳しく見る

婦人

安心の2名運転手

夜行バスは夜中じゅう車内で過ごすことになるため、快適に過ごすために必要な項目をチェックしておくことです。また、安全を確保するために、運転手の交代情報など、安全に関する各社の取り組みをチェックしておくことで、安心な会社を見つけることにつながります。

詳しく見る

バス

運賃の安い交通機関

運賃の安い交通機関として、夜間に異動できる夜行バスが注目されています。夜行バスは料金が安いだけでなく、快適に乗車するためのサービスも充実しています。夜行バスが実施しているサービス内容についてご紹介します。

詳しく見る

レディ

距離や時期で料金は変わる

夜行バスの料金は移動する距離と繁忙期や閑散期など、時期によって決まります。ただ、長距離の移動で繁忙期だったとしても、早めに最安値の情報を調べればお得な金額で抑えられる可能性があります。最安値の情報を調べる場合は、夜行バス料金の比較サイトをおすすめします。

詳しく見る

RECOMMEND POST

車内

長距離便が主役です

夜行バスのほとんどは長時間乗車が一般的ですので、疲労感を軽減させるための工夫が必要です。代表的な軽減方法としては、下半身のむくみ防止のソックスを履いたり車内サービスのスリッパに履き替える等があります。

詳しく見る

男の子

眠っている間に到着

夜行バスは夕方から夜に出発し、朝到着するバスです。全国で走っており、人気の路線は東京、大阪など大都市を結ぶものです。夜行バスの最大の魅力は運賃の安さです。最近では付加価値のついた3列独立シート、女性専用車両などが増えています。

詳しく見る

婦人

安心の2名運転手

夜行バスは夜中じゅう車内で過ごすことになるため、快適に過ごすために必要な項目をチェックしておくことです。また、安全を確保するために、運転手の交代情報など、安全に関する各社の取り組みをチェックしておくことで、安心な会社を見つけることにつながります。

詳しく見る

バス

運賃の安い交通機関

運賃の安い交通機関として、夜間に異動できる夜行バスが注目されています。夜行バスは料金が安いだけでなく、快適に乗車するためのサービスも充実しています。夜行バスが実施しているサービス内容についてご紹介します。

詳しく見る

レディ

距離や時期で料金は変わる

夜行バスの料金は移動する距離と繁忙期や閑散期など、時期によって決まります。ただ、長距離の移動で繁忙期だったとしても、早めに最安値の情報を調べればお得な金額で抑えられる可能性があります。最安値の情報を調べる場合は、夜行バス料金の比較サイトをおすすめします。

詳しく見る

Copyright© 2018 夜行バスでお得な旅をしてみよう!【宿泊代を浮かせる】 All Rights Reserved.