夜行バスでお得な旅をしてみよう!【宿泊代を浮かせる】

MENU

長距離便が主役です

車内

深夜移動の代表格

夜行バスは、東京と全国各地を結んでいる便から言えるように、長距離便が大半を占めている点が特徴であり、6時間以上の乗車が一般的となっています。東京と大阪を結ぶ夜行便は、多くの業者が参入している関係で様々なバスタイプから選択出来る点が魅力的です。格安便が主体の4列シートはもちろんですが、定員数を少なくする3列シートや贅沢仕様の2列シートのバスも運行されているので、自分に合ったバスを必ず選べるでしょう。東京と大阪を結ぶ夜行バスは、8時間以上の乗車であるので道中の休憩やトイレが気になりますが、トイレ付き車両の場合は休憩が行われない事があります。トイレなし車両の場合は、2〜3時間おきにサービスエリアで休憩を取るので、乗車前の飲料摂取は取りすぎないようにして下さい。夜行バスの現地到着のほとんどは6時台〜8時台となっており、長時間の旅の疲れを取りたい方向けのサービスとして、一部事業者は格安で銭湯等を利用出来るようにしています。午前からの仕事・イベントにもリフレッシュした状態で参加出来るので、サービスを提供する路線の場合は有効活用する事をおすすめします。夜行バスは長時間乗車で疲労感が増す場合がありますが、それを軽減させるための方法が幾つかあるので、実践していきましょう。代表的な軽減方法としては、下半身のむくみ防止のソックスを履く・乗車中はスリッパに履き替える・リクライニングシートを倒してリラックスするといった方法があります。これらをするだけでも肩こり・背中のハリといった長時間移動の疲れを予防出来るので、欠かさず行いましょう。

Copyright© 2018 夜行バスでお得な旅をしてみよう!【宿泊代を浮かせる】 All Rights Reserved.